医療脱毛と美容の関係。肌の違いとは

女性は身だしなみとして、スキンケアを行いますが、その中でもムダ毛の処理は、ただ単に体毛がなくなれば良いといった単純なものではないので、素人には難しいと言われています。処理方法の選択ももちろん重要ですが、処理前後の肌ケアも非常に重要で、間違ったケアを繰り返してしまうと、お肌はどんどん醜くなってしまいます。脱毛ケアが肌へ与える刺激は想像以上に強く、ダメージを与えてしまうことになるので、できるだけ早い段階で医療脱毛を受け、ムダ毛の生えない素肌にしてしまうことがベターです。
エステサロンの美容脱毛を選択する女性も多いですが、エステでケアを受けても、体毛は変わらず生えて来てしまいます。ただそのスピードを緩やかにし、体毛の質を産毛のように弱らせることは可能ですが、当然ながら自己処理も必要になり、肌へ与える刺激をゼロにできるわけではありません。
医療脱毛は、出力の高いレーザー照射を行って処理をするので、毛母細胞を破壊させ、発毛機能を失わせることが可能です。これほどの施術も、医師が診察を行い、患者さんの状態を見極めながら行うので、肌質の弱い方でも、トラブルを起こすことなく受けられます。万が一肌に赤みが出てしまったような場合でも、塗り薬を処方してもらえるので、アフターケアも万全です。
エステ脱毛では、毛量、毛質、肌質によっては、お手入れ回数もかなり多くかかってしまうこともありますが、医療脱毛では、そのような違いはあまり関係なく、少ない回数でも綺麗に仕上がります。